サロン・整体・エステ・接骨院の開業を目指す人のためのメディアサイト「EGG(エッグ)」

サロン開業を考える際に知っておきたいこと

開業までの一連の流れを確認しましょう!

サロン開業を考える際にまずは考えなければならないのは「開業までに何をすればよいか」という点です。

これを知らずに開業準備を進めてしまうと、

  • 予定していた開業日に準備が間に合わずオープンできなかった
  • お金が足りなくなってしまい、不十分な状態で開業日を迎えてしまった
  • 開業できたものの、お客様が全く来ない

といった状況になりかねません。
開業する際はスタートが大事ですので、開業するまでにやるべきことを順番に解説していきます。

 

 


Step1.計画


改めて自分の夢をイメージしてみましょう。
そして、「何のために開業するのか?」「自分のお店を出すことで誰を幸せにしたいのか?」「どんなお店にしたいのか?」ということを明確にしておくことが大事です。この点は、開業後上手くいっているオーナーが共通して話しています。

また、具体的な業種(エステ、整体、接骨院、マッサージ、美容室、ネイルサロン、など)も決めておきましょう。なぜなら、選ぶ業種によってこの後に必要な資格や手続きが変わってくるからです。

Step2.資格

自分が目指す店舗をイメージできたら、必要な資格を確認します。

業種によって必要な資格が異なるので、注意が必要です。

Step3.お金

家賃、内装工事費用、ベッド台やリネン等の設備費用、広告費用…など、開業する際にかかる初期費用を確認しておきましょう。必要な資金は選択する業種によって若干異なりますので、自分の業種でかかる費用を確認します。

また、開業する際にかかるお金を準備する方法は2つあります。1つ目は「自己資金」、2つ目は「補助金・融資」です。具体的にどうやって必要資金を調達するのか、必ず事前に確認し、計画しておきましょう。

Step4.店舗

実際に店舗を出すとなると、「最適な物件探し」「手続き(行政・会計)」「内装工事」「設備導入」「レジや各種支払い機器導入」を行う必要があります。最近では特に支払い方法について、クレジットカード払いだけでなく、スマホ決済もできるようになっていると、お客様の満足度向上に繋がりやすくなります。

Step5.お店の繁盛に向けて

ついに開業直前。店舗の内装や設備がととってきたら「集客」の準備をしましょう。Web集客ができるようにホームページや広告掲載の準備、チラシの準備を行います。

ここで重要な点は、お店の「コンセプトやウリ(他店との違い)」を全面に出した集客を行うことです。

Step6.さあ開業

ついに念願の開業!開業したら、今までお世話になった方などへ挨拶状を送りましょう。また、SNSを活用して自分が開業したことを積極的に発信しましょう。

また、近所の方々へのご挨拶やチラシ配りも行い、スタートダッシュをできるようにしましょう!