サロン・整体・エステ・接骨院の開業を目指す人のためのメディアサイト「EGG(エッグ)」

小顔調整&キメを整える顔専門サロン ミピマム 篠原さん|1ヶ月先まで予約でいっぱいになるサロンをつくる秘訣は「お客様の悩みと望みを引き出す」「手に感情や気持ちを込めてサービスを行うこと」

「健やかな顔肌と幸せな顔立ちをデザインする」というコンセプトで、オールハンド施術を提供している小顔調整&キメを整える顔専門サロン ミピマムのトップフェイスデザイナー篠原 あきこさん。

国際コルギ美容コンテスト準グランプリを受賞

韓国コルギ協会最高権威にて日本人で唯一のトップセラピスト称号を取得

という輝かしい功績をお持ちの篠原さん。繁盛サロンの秘訣は「お客様の本当の悩みと望みを引き出すこと」と「手に感情や気持ちを込めるサービス」とのこと。

開業当初に上手く行かなかった経験から、常にデータを取り、勉強し、改善を繰り返している姿勢は、技術者でもあり経営者としての実力が伺えます。そんな篠原さんに繁盛店の秘訣についてお伺いしました。

 

「なぜ女性は小顔になりたいのでしょうか?」ということまで深掘りします

——「コルギ」について教えて頂けますか。

コルギとは、東洋医学に基づき韓国で生まれた民間療法で、400年くらいの歴史があります。従来のエステティックで行うのは、筋肉や肌表面のみに働きかける筋肉マッサージと言われているのですが、コルギでは骨に圧をかけて顔を元の位置に戻していくという方法になります。

数年前に骨盤ダイエットが流行りましたので、骨盤の歪みがあるということはご存知の方が多いと思います。顔の骨は細い骨で構成されているので、歪むとズレてしまいます。それを元の位置に戻すことによって、リフトアップし、小顔にするという理論です。

ミピマム式フェイシャルはこうしたコルギ理論に加えて、これまで約3万人の施術経験から得た独自の「手技」で小顔やキメを整える速効性・持続性の高い施術を特徴としています。

顔は、健康状態や精神状態が全て表れます。ですので、美しい顔や健やかな顔を育むこと=カラダも健康であるというのがミピマム式フェイシャルの特徴です。

ミピマム式フェイシャルには即効性や持続性があります。一回でも周りの方から「顔が小さくなった」「肌がすごく綺麗になった」と言われるぐらいの変化があります。さらに、施術を受けてから、時間がたつほど「顔がちいさくなった」「顔が引きあがっている」という実感をもたれるお客様が多いようです。

 

—— お店のコンセプトと強みについて、教えていただけますか。

コンセプトは「健やかな顔肌と幸せな顔立ちをデザインする」です。日々の生活の中で、疲れを感じ、悩みを抱えると人生に対して前向きになれないものです。ミピマムはお客様の「幸せな顔立ち」「健やかな顔肌」という美しさに向き合い、充実した人生をサポートする場と考えています。

幸せな顔立ちには健やかな顔肌は必要です。幸せな顔立ちには顔の筋肉が柔らかく動くという特徴があります。幸せな顔立ちの肌の肉づきはハリがありふっくらしている傾向があります。こうした「幸せに導く顔立ち」を育み、お客様の幸せな人生をデザインすることが、私どもミピマムの想いです。

当店ミピマムは国際コルギ美容コンテスト準グランプリを受賞させて頂いておりまして、「お客様が期待する高い効果」「高い技術力」が強みです。

高い技術力はオールハンドの手技です。
独自の手技が小顔やキメを整える効果の即効性と持続性を高めます。

さらに、通常のエステサロンでは、カウンセリングを手短に簡単に終わらせてしまうことが多いのですが、当サロンでは何の目的でご来店されたのか、どんな顔になりたいかを深堀して、お聞きするようにしています。

もちろん、ご来店の動機が明確ではない方もいらっしゃるので、それを一緒に引き出すことで、お客様ご自身も「こうなりたいから、小顔を目指している」ということが明確になります。お客様の本当の悩みと望みを引き出して、一緒に解決していきましょうというスタイルです。

予約がいっぱいになるサロンは「このサロンに行けば、私たちの悩みを期待以上に一緒に解決してくれる」「私たちの望みを一緒に叶えてくれる」そう感じさせてくれるところだと思います。

当店ミピマムはこのようにお客様に感じて頂くために「高い施術効果」「お客様の健やかな顔肌と幸せな顔立ちをデザインする」ということを大切にしています。

 

「コンセプト」と「強み」を確立すること、そしてそれは絶対にブレてはいけません

——どういった方法で集客されているのでしょうか。

今はホットペッパービューティーへ掲載していますが、ホットペッパービューティーでの予約枠は少なく、ほとんど既存のお客様で予約が埋まっている状態です。
ご新規のお客様は約3週間後でないと予約できない状況です。当サロンに興味があるという方がすでに3000人以上いらっしゃいます。

 

——集客ができている理由を教えて頂けますか。

集客をするために大切なことはサロンブランディングを確立することです。
例えば、ブランディング時に確立しておくとよいことは「どんなサロンにしたいか」「どんな強みをもったサロンか」「どんなコンセプトをもったサロンか」が明確であることです。また「お客様が満足し、リピートする技術力を養えているか」も集客する上で必ず必要です。

こうした、「創り手側の想いやスタイル」を「サービスや接客のひとつひとつ」に反映させることがブランディングです。

開業したばかりの時は、とにかく集客をどうしようか悩んでいました。美容のスクールでは、技術習ったのみで終わってしまいました。集客やブランディングというのは教えてもらえないことが多いです。

しかし、私の場合は、日々のサービスや接客のやり方が分からないと開業できないと思っていたので、接客やベッドメイキングなどを学ぶため、あえてコルギサロンではないエステサロンで2年間修行しました。そこで店長をやらせて頂き、いろいろなことを学ぶことができました。

実際に自分で開業したときは、やはり集客にはとても困り、初めはメニュー料金を半額にしたり、割引クーポンを出したりしたのですが、体がどんどん疲れていってしまいました。正直なところ「利益がこれしか残らないの?」と思ったこともありました。

そこで、身近にいた先輩の美容家の方達にお話をお聞きして、どうやったら上手くいくのか勉強していき、美容サロンのコンサルティングにも入って頂きました。当時は、自分一人でやっていたので、何が悪いのかということを客観的に見ることができなかったからです。

その時に、技術だけあってもダメだということに気付きました。サロンのコンセプト作りをしていき、自分が伝えたいことはこれだということも分かってきました。最初にブランディングをしっかりやることがとても大事だなと思いました。自分のサロンの「コンセプト」と「強み」を確立すること、そしてそれは絶対にブレてはいけません。

これだけエステサロンが多いと、意外とコンセプトや強みがブレてしまう店舗もあります。しかし、絶対に芯だけはブレないようにすれば大丈夫だと思っています。

 

——ご自身のブランディングまでコンサルティングしてもらっていたのですね。

今ではそれが確立できて、実際に自分でわかったこともあるので、私が運営している美容スクールではコンセプトや強みなど全て決めた状態で開業しましょう、ということをお伝えしています。

先日美容スクールを卒業した主婦の方は、元々未経験だったのですが、技術や接客スキルを学んだ上で、コンセプトを確立し、どういった働き方が自分の理想なのか、ということまで全て詰めていきました。その結果、開業して1週間のうちに7名の方にご来店して頂くことができて、全員がリピーターになりました。

今までは週3日間だけ働けばよいとお話されていたのですが、多くのお客様にご来店して頂けるおかげで、4日間、5日間と働くようになり、今まではバリバリ働いています。

 

——外部の力を借りるという選択をされるオーナーさんは意外と多くないと思っているのですが、コンサルティングを依頼したきっかけは何かあったのでしょうか。

身近でコンサルティングをやっていた方がおりまして、自分とは違う価値観を持っていたので依頼しました。

正直、開業したばかりの頃は、コンサルティングを依頼しにくいと思います。そこにお金をかけるくらいなら、集客(宣伝、広告など)にお金をかけたい方が多いとは思いますが、「なぜエステサロンをやっているのか」「なぜ開業したのか」ということを突き詰めていくことで自分独自のコンセプトや強みが確立していくので、とても重要なことなのです

あとは、知識に関しても、開業したら何をすればよいのか分からないと思いますが、とにかく勉強することです。集客に関する勉強というよりは、自分のサロンで扱っている材料に対して、突き詰めていくことが大事です。

例えば、サロンで使うお水について「なぜこの水でなければいけないのか」「この成分はどういう効果・効能があるのか」ということを突き詰めていくことです。

それをしっかりやっていないと、表面的なサービス説明や接客になってしまい、「良かったけどリピートはしない」という状態になってしまいます。

美容サロンは3年以内に廃業する店舗が多い時代なので、「なぜその人のエステサロンでなければいけないのか?」というところが大事です。お客様にファンになってもらうために、自分の売りや強みを持てば上手くいくと思いますし、自分の力を信じることも大事です。

あとは、同業種での横の繋がりを持つことが良いと思います。
私の場合は、お互いに情報をシェアしたり、互いのサロンの良いところを言い合ったりしています。どうしても独立すると初めは一人で不安なので、何でも話せて相談できる同じ業界の人が身近にいると心強いかなと思います。

 

カウンセリングがリピートに繋がる

——集客できない店舗も多いと思いますが、そこについてはどうお考えでしょうか。

集客に関してなぜ皆が困っているかというと、リピートをしないからです。
新規のお客様が来店されて、100%リピートしていれば集客には困らないはずです。

集客できない原因を価格のせいにする方が多いのですが、自分の価値を大事にすべきだと思っています。実は私はそれで失敗しました。自分が初めに設定した価格からは下げない方が良いと思います。

自分が価格に見合う価値を提供できるように、勉強する必要があります。技術は常に新しいものを届けたいという意識を持っていますし、私も未だに勉強しています。

当サロンが提供する価値としては、機械を全く使わずに、全てハンドで行い「手から直接伝わる」ということを大事にしています。

また、セラピスト自身が幸せであるということも大事だと思っています。
施術するこちら側がハッピーだったら、お客様にもその気持ちを届けることができるので、セラピスト自身もいつもキラキラ輝いているべきだと思っています。

 

——オールハンドにこだわっているのですね。

機械だと効果の即効性はありますが、持続性は低いです。例えば、施術後すぐにリフトアップしてお肌もツルンと綺麗になったように感じます。しかし、翌日以降はまたもとに戻ってしまい、効果がすぐになくなってしまいます。

オールハンド施術は施術効果の速効性と持続性を両方実現できます。

 

——カウンセリングや接客の勉強もされたのでしょうか?

エステサロンに勤めていた時に学びましたが、それだけでなく、人気のサロンへお客様として行って接客を学びました。

あとは、日々いろいろなことを試して、良いと思ったことを続けていくようにして確立していきましたね。

最近ではエステサロンだけではなく、美容室へ行ってみたりしています。盗めることはたくさんあります。人気のサロンへ行くと接客の仕方だけでなく、トレンドが分かります。今のお客様が何を求めているのか、身を持って実感できます。

 

——篠原さんの店舗でリピート率が高い理由はそういったところだったのですね。

技術があるのは当たり前だと思っています。

お客様が、貴重なお時間を使って来店して頂いているので、期待以上のサービスを届けたいというその一心です。うちのサロンへ来てお金を使って良かった、と思ってもらいたいです。「お客様の本当の悩みを引き出す」というカウンセリングをしていることも、リピート率の高さに繋がっていると思います。

リピート率について、当サロンでは、4回以上ご来店されたお客様は、その後もリピートし続けてくださいます。4回以上ご来店して頂くことで、ファンになって頂けています。ですので、4回までが勝負です。

回数券を「3回」「6回」「9回」と用意しているのですが、この回数にはしっかりとした理由があります。まず初回にご来店して頂き、そこで3回の回数券をご購入頂ければ、合計4回来店して頂くことになります。4回通って頂ければ、その後もリピートし続けて頂く確率が高くなります。

こういった統計的な戦略を、意外と考えていないサロンが多いです。私の場合は、独学で勉強しながらここまでやってきたので時間がかかりましたし大変でしたが、そういった戦略について聞ければ良いと思います。

 

——しっかりと顧客分析をされているのですね。

当初は12回の回数券も作っていたのですが、12回を消化するまでにかなりの時間がかかるので、結果的に継続して来店して頂けないということもありました。サロンのマネージメントとして、数字を管理していくことで改善していっています。

 

サロン自体も自分のものだと思っておらず、お客様と従業員みんなのものだと思っています

——物販はあまり扱っていないのでしょうか?

物販は微々たるもので、本当に良いと思ったものしか扱っていません。

実際当店はフェイシャルサロンですが、スキンケアアイテムは販売していません。施述中に使用するスキンケアアイテムに関しても、半年以上自分で人体実験をします。私の性格上、自分で体感して良いと思ったものでないとオススメすることができないのです。

 

——そこまでこだわるからこそ、お客様へオススメすることができるのですね。

本気で良いものしか勧めないということがブランディングにもなっています。
お客様は、私が良いものしか勧めないということを分かっているので「この人が言ったことは安心して信じていいんだ」と思ってもらえているのではないかと思います。

新しいメニューを出した時も、やってみたいと仰って頂くことが多いです。
お客様が飽きないように定期的にキャンペーンをしています。とにかくお客様を巻き込んでいます。

私は実は、このサロン自体も自分のものだと思っておらず、お客様と従業員みんなのものだと思っています。もちろん従業員もそうですが、従業員がいてお客様がいて、みんなで作っているというイメージですね。

経営者の方だと、どうしても自分が作っているという意識が強いと思います。しかし、そうすると周りがついていけなかったりすることもあるので、お客様も従業員も全部巻き込んでやっています。

こういう考えで経営しているため、お客様も当サロンへ来るのが楽しみ、と言ってくれますし、お客様もこのサロンを大事にしてくれています。

 

——そこも含めてブランディングなのですね。

こういった内容はブログでどんどん発信しています。

そうすると自分と同じ思考のお客様が来てくださるので、フィーリングも合います。本当にみなさまいいお客様ばかりで、ありがたいことに、クレームも全くありません。

 

——ブログでは定期的にご自身の考えなどを発信されているのでしょうか?

はい。
ただ、元々私はSNSが苦手で、初めは口コミがメインでした。自分で異業種交流会へ行って営業をしていましたが、それを続けることは難しいです。だから今はSNSを活用しています。

ホームページやブログは、プロに頼むのが絶対良いと思います。そうすることで、自分は接客や施術に時間を割くことができるためです。

やはりプロの方が作ったかどうか、お客様は見て分かります。サロンで集客ができていないところでは、自分たちでホームページを作っている場合があります。私の考えとしては、投資した方が良いと思っています。そこを惜しんではいけないと思います。

当サロンでもSNSをきっかけにご来店して頂く20代のお客様がかなり増えています。これからの情報社会において、SNSやホームページ、ブログは重要ですので、自分で一生懸命やるのは勿体無いと感じます。

 

従業員も満足、お客様も満足、サロンも満足、という三方向どこを向いても満足する

——これまでのご経験から失敗事例を教えていただけますか?

開業したばかりの頃は、自分の価値がわからずに価格を下げてしまい、たくさんお客様が来るけれど、施術することで精一杯になってしまいましたし、一人一人のお客様と向き合う時間も作ることができていませんでした。それが本当に良くなかったな、と思っています。

価格を下げると、どうしても価格重視のお客様がご来店されます。サロンによってはそれも良いところもあると思いますが、個人で運営するサロンでは厳しくなると思います。やはり一人でやっていると回転率の限界がありますので、自分の価値は下げない方が良いと思います。

あとは、当サロンの従業員が辞めてしまうこともあるのですが、その時にもっと従業員に寄り添ってあげればよかったなと考えることもあり、最近は「三方よし」というのをキーワードにしています。従業員も満足、お客様も満足、サロンも満足、という三方向どこを向いても満足するということを目指しています。

 

——「三方よし」にする秘訣は何でしょうか?

とにかくみんなが笑顔で、幸せでいてもらうために、それなりの休暇が必要ですし、しっかりとした対価が必要です。その辺りを、しっかりとコミュニケーションを取って調整しています。

あとは、とにかく楽しくするようにしています。そうすると、サロン全体の雰囲気がすごく良くなるので、そこに集まってくる人も自動的に楽しい人たちが集まって来ます。

 

——他には、何か気をつけている事はありますか。

これは差別化だとも思っているのですが、接客時のマナーを重視しています。
最近は、接客時のマナーをしっかりと教育せずに、割とカジュアルに接客するサロンもあります。

しかし、私は個人的にカジュアルな接客があまり好きではなく、しっかりと接客してもらいたいタイプです。ですので、お辞儀の仕方や、お客様へのご案内の仕方、話し方一つとっても語尾に気を付けるように指摘しています。

いかにお客様が優雅に過ごしてもらえるか、ということを大事にしています。
特に日本人は礼儀を大事にしているので、その辺は徹底してやっています。どこの人気サロンへ行っても、マナーや礼儀は絶対にしっかりしています。

 

「美容が好き」「人を綺麗にすることが好き」その思いだけはずっと持ち続けて欲しい

——今後の目標を教えて頂けますか?

私でもここまで経営することができたので、他の人もみんなできると思っています。
私が見ている生徒さんで、未経験から始めた方もいるのですが、技術をしっかりと身に付けて、接客やカウンセリングも学ぶことで、みんなどんどん活躍していっています。

自分で限界を決めずに諦めない、とにかく美容が大好きという気持ちだけでいいと思っています。そういう人たちをどんどん増やしたいから、今はスクール事業に力を入れています。

これまでの美容スクールは技術だけを教えて終わりというところが多かったのですが、うちでは経営までしっかり教えています。
また、「この人みたいになりたい!」と思ってもらえるようなセラピストになれるようにサロンオーナー自身のプロデュースも行っています。

私がここまでたどり着くまで、友人も家族も含めていろいろな方に支えられてきました。そうやって支えあっていける人たちがいっぱい増えたらいいな、みんなが幸せでいてくれたら良いな、と思っています。だからこそ、自分が持っている技術は惜しげもなく教えています。

 

——最後に、これから開業される方に向けてメッセージお願いします。

美容関係で開業をされる方は、開業当時すごくワクワクすると思うのですが、そのワクワクしている気持ちはお客様にも伝わります。
だから、「美容が好き」「人を綺麗にすることが好き」その思いだけはずっと持ち続けて欲しいなと思います。それさえあれば、どんなに辛い時でも乗り越えられますから。

あとは、絶対に責めないことです。仮に上手くいかなかったとしても、誰かのせいにしたり、自分のせいにしたり、自分のことを追い詰めるのではなく、「何が悪かったのか?」ということを深掘りして考えれば良いのです。

しかし、「美容が好き」という気持ちがあれば絶対に続けられます。気持ちさえ持っていれば結果は後から付いてきます。

科学的にも実証されているのですが、「手」には力があります。例えば、「手」を触れることで、施術者の「感情」が感覚的に伝わります。「手の動きのスピード」によって、相手の「やる気」をアップさせることもできます。手で触れることで相手の心理状態もわかります。私自身もハンドで施術をしていると、お客様がどういう状態なのか、筋肉の張りなどから読み取ることができます。

施術をするこちらが暗いとか辛いという気持ちになっていると、それがお客様に移ります。だから何を言われようが「美容が好き」という気持ちで突き進んで行けば絶対大丈夫です。

サロンを経営していれば、絶対に辛い状況はやってきますが、辛さを楽しむくらいの気持ちで取り組んで欲しいと思っています。

一生懸命やっていれば、周りも助けてくれます。自分が本気であれば、周りも困った時に助けてくれるので、とにかく諦めずに自分を信じてやっていったらいいと思います。

 

※撮影協力:工藤 としひさ

 

プロフィール

篠原 あきこ

・小顔調整&キメを整える顔専門サロン ミピマム
( https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000379997/ )

〒105-0014
東京都港区芝4-18-3 JTM26-73号室

銀座で数多くの美容家が通う人気サロンの2号店。お客様の「幸せな顔立ち」と「健やかな顔肌」をデザインさせて頂きます。「美しくなる時間」を愉しみながら、いつまでも笑顔で輝けるよう想いを込めてサービスをご提供させていただいております。ぜひミピマム独自のサービスをご堪能下さいませ。

SNSでフォローする