サロン開業を目指す人のためのメディアサイト「EGG(エッグ)」

UZU Beauty Salon・白水さん|「1人で充分」から「人と一緒に」へ。サロン開業で変わった仕事観

現在たくさんのサロンが存在する中で、自身のサロンを開業することには勇気が伴います。
「自分だからこそ作れるサロンは何か」という問いと向き合うことも必要になってくるでしょう。

今回は、「爪先から頭頂まで変えていく」という言葉を掲げ、美容やマッサージ、ヨガに加えて健康に関する講習までを幅広く行う「UZU Beauty Salon」の白水さんにお話を伺いました。

自身が感じたコンプレックスから、「健康」と「美」に興味を持った白水さん。
彼女はなぜ、サロンの開業という選択肢を選んだのか。その思いや、開業してからの変化、今後の展望について伺いました。

 

コンセプトは、トータルでできるメンテナンス

——本日はよろしくお願いいたします。はじめに、お店のコンセプトについてお伺いしてもよろしいでしょうか。

よろしくお願いいたします。
簡単に言うと、トータルでボディメイクを行っています。1回あたり3時間で、ヨガや筋力トレーニングなどの運動、小顔などの美容や体のマッサージ、食生活の改善アドバイスなど体全身を中と外から変えていくメニューです。

また、座学として、健康学・ダイエット学の講習も出張で行っています

 

——マンツーマンでされているとのことですが、その意図はどのようなものでしょうか。

1人でトータルのボディメイクをやっている方は中々いません。

私としては、顔、体、ヨガを別々の日に分けて行うよりも、いっぺんに取り組む方が相乗効果が上がると考えています。そうした場所を作りたいという思いです。

あまり需要は多いわけではありません。「3時間!?」とか、「顔だけ、ヨガだけでいいです」という方が多いのは確かです。ですが、少なくとも需要があることも事実としてあります。

そのため、マンツーマンで、トータルのコーディネートをしっかりやっていくというコンセプトを掲げています。

 

 

コンプレックスから健康オタクへ。そうした勉強は苦じゃなかった

——美容に関わる仕事を始められたきっかけは何だったのでしょうか。

かなりの健康オタクだったというのが、今の仕事を始めた大きな理由です。

とにかく昔から病院に行くのが嫌いでした。病気になるのも辛いですし、それでお金を払って病院に行って時間をかけることに疑問を感じていました。

そして、美容に関してもかなり興味が強い子供でした。
思春期に入ったときに、ニキビやくせ毛で悩まされるようになったのがきっかけです。

「くせ毛ってどうやって治るんだろう?」と、髪の栄養について勉強をしたり、「ニキビってどうやったら治るのか」を調べたりしていました。

美や健康といった分野に関しては勉強するのが全く苦ではありませんでした。
コンプレックスに対して向き合っているうちに仕事になっていた、という感じかもしれません。

 

自宅の一室から始まった個人での活動は、やがて開業へ

——開業に至るまではどのような経緯があったのでしょうか。

美容の専門学校を卒業後、エステサロンに就職しました。ずっと同じ場所ではなく、いろいろな場所で学んでいきました。

個人としての活動を始めたのは、25歳のときです。
ルームシェアを始めたときに、そこの一室をエステサロンのようなスタイルにして、趣味の延長としてやるようになりました。

そして27歳頃から、健康学という講習を始めました。エステは外側のケアですが、美と健康の土台となるのは、食生活、運動といった部分です。そこの重要性を伝え、セルフケアによってさらに効果を高めてもらうために始めました。

今までは、そうした講習やエステを別々でやっていたのですが、先程述べたように、全てトータルで提供していこうと考えました。

また、今まではほとんど口コミだけでやっていたので、もっと手の届く範囲を広げて、自分の知識を伝えていきたいと思ったのが開業した理由の1つです。

 

本当に私にやってほしいという方に対して、徹底的に向き合いたい。

——他にも、独立に至った理由はありますか。

サロンに勤めているときは、ご指名して頂けるお客様がいらっしゃるのは嬉しいのですが、反面「誰でもいいです」という方もいらっしゃいます。私としては「誰でも良いんだったら自分じゃなくてもできる仕事ではないか?」と思うようになりました。

であれば、本当に私にやってほしいという方に対して、徹底的に向き合って、結果を出すお手伝いをしたいと思ったんです。

 

——「白水さんだからお願いしたい」という方に徹底的に向き合うために、独立を選択されたのですね。

はい。私は、マッサージ自体が好きなわけではありません。何にやりがいを感じるかというと、「結果」です。

施術した後に、お客様が求める癒やし・スタイル・結果が出ることが大切だと思っています。それに対して「ありがとう」と言ってもらえた時はさらに嬉しい気持ちになります。

ですので、結果に対してモチベーションをしっかり持っている方に向き合っていきたいと思っています。

 

 

まず、自分が効果を体感して、それをもとにプロデュースする

——「教える」ということには、もともと興味があったのでしょうか。

結果を出していくためには、そこが絶対必要になってくるため、やっています。
どうしてもエステ施術の中でお話ししきれない部分が多くありました。

「どうやったら痩せるんですか?」「どうやったら筋肉はつくんですか?」と質問されたときに、「タンパク質って取っていますか?」「お水って飲んでいますか?」など、根本的な質問がたくさんあったので、興味のある方には2時間ぐらいかけてお話ししたいと思っています。

そうなると施術中にはどうしても伝えきれないので、講習を行っていました。

 

——結果を出すためには、知識を伝えることが必須、というのが大きな理由ということですね。

そしてやはり、健康な方を増やしたいというのも大きな理由です。高いお金を払い、貴重な時間を使って病院に通うのが非常にもったいないと考えています。

不健康でもよい、老けたいという方は基本的にいないと思っています。
健康や美に強い興味を持ってきた者として、少しでもお手伝いできたらという思いです。

 

——教えるうえで、大切にしている考えなどはありますか。

「自分が体感したこと」を前提にしています。私自身も、体脂肪を10%落とした過去があります。20代前半は、食事管理だけで脂肪が大幅に落ちます。
ですが、20代後半からは筋力や体力の低下を実感し始め、30代は努力量を少しづつ増やして習慣づけていくということも大切です。

学んだだけで結果が出ていないと、やはり意味がないと考えています。
まず自分が効果を実感して、その経験をもとに周りの方をプロデュースして、その方も結果を出す、という流れは大切にしています。

 

生きていくうえで必要な、しなやかな筋肉を育てる「ヨガ」

——レッスンでいうと、ヨガもされているとのことですが、これもご自身の体験がもとになっているのでしょうか。

そうですね。筋トレとかも好きなのですが、私は筋肉質ということもあり、あまり筋肉を肥大させたくありませんでした。

かといって、細いだけというのも嫌だなと思っていました。しなやかな筋肉をつけたいと考えていました。であれば、ヨガのゆったりとしたポーズが一番適しているんですね。

また、ヨガは左右バランスも整えること、内臓をほぐしてあげること、生きていく上で必要な筋肉を育てること、さらにはマインドフルネス、脳の整理もできます。現在は、男性でもヨガを始める方が少しずつ増え始めてきています。

筋肉を大きくしたいならば、筋トレはもちろん大事なのですが、ヨガのこうした意識は老若男女問わず大切ではないでしょうか。

 

——ヨガはどのようにして学ばれたのでしょうか。

もともと、ヨガは10年ほど実践していました。しかし、それに加えて教えるためにはもっと勉強が必要だと思い、バリへ10日間の修行に行きました。10日間ずっと缶詰状態で、1日16時間ほどヨガを学びました。実際にヨガをやるのは朝と夜と2時間ずつですが、他の時間は座学を行っていました。

座学を通じて、教え方や細かい知識をインプットしたことで、ヨガに対する印象がより良いものに変わりました。学んだことをしっかりと伝えていきたいという思いが、今は一層強くなっています。

 

美容家として、トータルな価値の提供を。健康で綺麗な方を増やしたい

——今後は、特にヨガの方に力を入れていくのでしょうか。

いえ、全てです。美容家として、食事も、外側・内側からのケアも、運動も全てやっていきます。自分ではできない部分に関しては、外部の方とタッグを組んでやっていこうと考えています。

私がメインでできるのが、エステとヨガの部分ですので、それに合わせて筋トレや医療、食などの分野が得意な方ともタッグを組みたいと思っています。

目標としては、美容家という形で、健康で綺麗な方を増やしたいということです。

そのためにも、他のエステ業界の方などとも助け合ってやっていきたいと思っています。私もこのサロンを始めるときにいろいろ悩みました。「集客をどうしよう」「場所をどうしよう」など、悩みはたくさんあります。

技術はあっても集客ができず、サロンを広められていない方はたくさんいらっしゃると思うので、そういった方の助けにもなれたらと思います。

 

 

自分と同じ思い、考えをもった仲間を増やしていくことで、もっと広く価値を届けたい

——ご自身の活動にも広がりが出てきているのでしょうか。

そうですね。開業してすぐの段階では、1人でこのサロンをやっていくことしか考えていませんでした。しかし今は、ヨガもインストラクターさんを雇って経営の方にシフトしている部分もあります。

まだ構想段階ですが、技術系のスクールを作ってもいいかなと思っています。「白水メソッド」のようなものを作ってみようかと考えています。

私一人で発信するよりも、私と同じものを発信できる方が増えたほうが、より発信力がありますし、よりたくさんの人に価値を届けられます。

 

——同じ思いや考えを持っている人を増やしていく、ということですね。

はい。今までは1人でいいと思っていました。私が私だけで自由に発信していく、といった形ですね。

開業してからは特に、いろいろと貢献していきたい気持ちが出てきました。

 

 

開業したことで、助けてくれる人も増え、考えもできることも広がった。

——2018年4月にオープンして、3ヶ月ぐらい。その間にかなり心境の変化があったんですね。

そうですね。オープンするにあたって、今まで会ってきた方とは価値観の異なる方と会う機会が増えたのが大きいかもしれません。いろいろと刺激をもらっています。

私と同年代、さらには20代で経営している方、大成功している方がたくさんいらっしゃるので、その刺激は非常に受けました。もっと「結果を残していきたい」という気持ちを抱くきっかけになりました。

開業するときは、上手くいくかいかないかの不安はありました。ですが、起業してよかったことは、人との出会いが広がったことです。

「お店をやっているなら、こういう方ともコラボできるんじゃない?」という声を頂くこともありました。自分が社員のままだったら、こういった出会いは無かったのだろうと思います。

 

——自分が経営者になり、同じ立場である経営者のつながりが増えてきたということでしょうか。

それは間違いなくありますね。そしてそういった経営者の方々の考え方はとても刺激になります。視野が広がりました。

「イメージさせてもらえた」というのがとても大きかったです。

最初は、「店舗展開なんて全然考えてない」と思っていました。しかし、いろいろ方と話す中でイメージが湧いてくるんです。たくさんの方とお話するのは、そういった良い面があります。

とにかく人に恵まれたなと思っています。全くやり方が分からない中でも、いろいろ教えて頂ける方がいたおかげでここまでやってこれました。

ヨガも「こういう仕組みでやったら?」とアドバイスを頂いたおかげで、新しい取り組みを始めることができました。

自分一人で「こうだ!」というよりは、本当に人に助けられてやっていますね。

 

自身の持つ「健康」や「美」の知識を通じて、人と向き合い、一緒に解決していく

——今後の展望としては、ヨガのスクール、技術系のスクールなど「教える」方に力を入れていくのでしょうか。

はい。教えて、自分と同じように健康や美を届ける人を残していきたいですね。

 

——ご自身でエステを直接やるというよりも、同じようにできる人を育てていきたいということですね。

そうですね。もっといえば、私よりもレベルアップした方に活躍してほしいです。

 

——そうした考えの根幹には、どのような思いがあるのでしょうか。

「人が求めているものを解決したい」というのはあります。そして、全てに精通する、基本となるのが健康だと考えています。エステというと「美」というイメージが強いと思いますが、根本は「健康」です。

あとは、女性の自立を助けていきたいと思います。つながりが増えれば増えるほど、助けられる範囲も増えると思っています。

 

——仕事や雇用を生んでいく、ということでしょうか。

そうですね。私の場合できること、集中できることが健康と美なので、そこで私が大きくしていければ、他の分野の方ともお手伝いし合えると思っています。

今はまだまだ小さいので、周りの方々に手伝って頂くことが多い状況ですが、早く大きくして恩返しをしたいなと思っています。

自分のできる「健康」と「美」を追求しつつ、人とのつながりを大事に進んでいきたいです。

 

※撮影協力:松下 晃太

※記事協力:山口 遼大

 

プロフィール

白水 優衣

・認定エステティシャン
・アロマテラピーアドバイザー
・全米ヨガアライアンス RYT 200

・UZU Beauty Salon( https://www.yuishirouzu.com/
【住所】東京都渋谷区渋谷区松濤1丁目
※ご予約確定後にメールにて場所をお伝えします。

知識や意識を変えただけで、わたしも24歳の頃に食事制限無しで体脂肪率を半年で10%落とことにも成功。そこから健康学の講習や、家でできるトレーニング、セルフマッサージ方法のレッスンも行っておりますが、人それぞれボディメイクをしてあげる場所は変わってきます。くびれなのか、ヒップアップなのか、小顔なのか、まずは全体的なサイズダウンなのか。今回一人一人のカラダとしっかりと向き合い一度で変化を実感して頂きたい。そしてヨガの呼吸法の素晴らしさ、インナーマッスルや左右バランスを整えることによる美の追求にフォーカスをし、「健康=美」に至る全てを提供したく完全プライベートのボディメイクサロンを展開するに至りました。ぜひ一度カラダが変わる体験を味わってください。

SNSでフォローする