サロン・整体・エステ・接骨院の開業を目指す人のためのメディアサイト「EGG(エッグ)」

「三人のレンガ積み職人」から考えるサロン経営の目的

開業してから、周りの方やお客様から、”どうしてサロンを開業することにしたの?”、とよく聞かれることってありませんか?

そんな時、あなただったらどう答えますか?

「自由に働きたいから」
「キャリアアップをするため」
「収入をあげたいから」

 

どれもその通りだと思います。

でも、その他にも、違った目的がありませんか?

本記事ではレンガ積み職人の話をご紹介するとともに、どうして自分のサロンをはじめようと思ったのか、あらためてサロンを運営していくことの意義を見つめ直す機会にしてもらえればと思います。

読み進めるにあたっては、自分に当てはめたとき、どの職人がやりがいを持って仕事に取り組めそうか、また、自分だったらどの職人に一番共感するだろうか、そんな観点で読んでもらえると嬉しいです。

 

 

1番目のレンガ積み職人

世界中をまわっている旅人が、ある町外れの一本道を歩いていると、一人の男が道の脇で難しい顔をしてレンガを積んでいた。

旅人はその男のそばに立ち止まって、

「ここでいったい何をしているのですか?」

と尋ねた。

「何って、見ればわかるだろう。レンガ積みに決まっているだろ。
朝から晩まで、俺はここでレンガを積まなきゃいけないのさ。
あんた達にはわからないだろうけど、暑い日も寒い日も、
風の強い日も、日がな一日レンガ積みさ。
腰は痛くなるし、手はこのとおり」

男は自らのひび割れた汚れた両手を差し出して見せた。

「なんで、こんなことばかりしなければならないのか、
まったくついてないね。
もっと気楽にやっている奴らがいっぱいいるというのに・・・」

旅人は、その男に慰めの言葉を残して、歩き続けた。

 

 

2番目のレンガ積み職人

もう少し歩くと、一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会った。
先ほどの男のように、辛そうには見えなかった。
旅人は尋ねた。

「ここでいったい何をしているのですか?」

「俺はね、ここで大きな壁を作っているんだよ。これが俺の仕事でね。」

「大変ですね」

旅人はいたわりの言葉をかけた。

「なんてことはないよ。この仕事のおかげで俺は家族を養っていけるんだ。
ここでは、家族を養っていく仕事を見つけるのが大変なんだ。
俺なんて、ここでこうやって仕事があるから家族全員が食べて
いくことに困らない。大変だなんていっていたら、バチがあたるよ。」

旅人は、男に励ましの言葉を残して、歩き続けた。

 

3番目のレンガ積み職人

また、もう少し歩くと、
別の男が活き活きと楽しそうにレンガを積んでいるのに出くわした。

「ここでいったい何をしているのですか?」

旅人は興味深く尋ねた。

「ああ、俺達のことかい?
俺たちは、歴史に残る偉大な大聖堂を造っているんだ!」

「大変ですね」

旅人はいたわりの言葉をかけた。

「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだぜ!
素晴らしいだろう!」

旅人は、その男にお礼の言葉を残して、
また元気いっぱいに歩き続けた。

 

3人のレンガ積み職人の目的とは

今回のレンガ職人についてまとめると、このような感じでしょうか。

 

1番目の職人
「レンガ積みに決まっているだろ」
→目の前のレンガをただただ積むことが目的

 

2番目の職人
「この仕事のおかげで俺は家族を養っていける」
→生活費を稼ぐことが目的

 

3番目のレンガ職人
「歴史に残る偉大な大聖堂を造っている」
→後世に残る事業に加わり、多くの人々に喜んでもらうことが目的

 

 

まとめ

さて、いかがでしたか。

あなたの場合は何番目の職人に共感出来たでしょうか。

 

独立したからには、仕事をやる目的は自分で決めるものです。

同じことをしていても、やる理由を持っている人とそうでない人では、仕事から得られる充実感は違います。

サロンを始めてしばらくは時間がなかなか取れずに本来の目的を見失ってしまうこともあります。そんな時こそ、時には立ち止まって、サロンを始めた目的を改めて考えてみる時間を取ってみるのもいいかもしれません。

「サロン開業への道のりをそっと支え、共に歩んでいく」開業支援の『EGG』

「某人気サロンが実践する運営テクニック集」を無料プレゼントしているお得なLINE@はこちらから登録できます。

友だち追加

SNSでフォローする
関連記事
No articles