サロン・整体・エステ・接骨院の開業を目指す人のためのメディアサイト「EGG(エッグ)」

最大100万円支給!もっと早く知っていればよかった…今からでも間に合う補助金情報

こんにちは。
最近うちの事務所では、サロン経営者からのこういった相談が増えてきています。

 

「お金をかけずに集客する方法はないでしょうか」

「予約やお客様の個人情報や施術内容を簡単に一元管理出来るいい方法あれば教えてください」

 

いずれも難しい質問ですね。

このような悩みを解決するには、お金をかけるか、手間をかけるか、またまた仕組みを作るか、このどれかだと思います。

とはいえ、お客様への施術で時間がない中、なかなか手間をかけるのは簡単ではないですよね。

そういった方には、国からの資金を受けてうまく仕組みを作っていくのが一番です。

 

そこでぜひ読んで頂きたいのが、今回の記事!

 

今回のテーマは、個人事業主や創業間もない法人でも利用でき、1事業者最大100万円が支給される小規模事業者持続化補助金のご紹介です。

 

この補助金は毎年、冬から春にかけて公募が始まるのですが、今年もそろそろ募集が開始される予定です。

(執筆時点である2018年3月6日の情報に基づき記載しております。正式に募集開始となった際は改めて更新した記事、もしくは、日本商工会議所のウェブサイトをご覧下さい。)

 

3分程度で読み終わりますので、
お時間のある時にぜひご覧ください。

 

 

小規模事業者持続化補助金とは?

経営計画の作成により、「この事業おもしろそうだな」ということで、補助事業に採択された場合、販路開拓に取り組む費⽤が1事業者あたり、最大200万円まで支援されます。

従業員の賃上げを実施する事業者については

補助上限額が増額されるほか、ITを活⽤した取組を実施する事業者は重点的に支援されます。

 

 

補助上限額について

例年の小規模事業者持続化補助金では、取組みの内容に応じて補助上限額が異なります。
(前回の補助金の上限を記載していますので、例年通りであれば、下記の通りとなるはずです)

 

<複数の事業者が連携した共同事業>
補助上限額:500万円

 

<熊本地震対策に関連する事業>
補助上限額:200万円

 

<賃上げ、雇用対策、海外展開などに関する事業>
補助上限額:100万円

 

<上記のいずれにも該当しない事業>
補助上限額:50万円

なお、補助率はすべて2/3以内とされています。

 

申請対象となる事業例

持続化補助金では以下のような事業が補助対象となります。

● 店舗の内装⼯事をおこない、より多くの顧客が利⽤できるような、レイアウト変更を実施
● 新たに出前を開始したことをPRするチラシの作成、配布を実施
● ウェブサイトの作成や予約システムの導入により業務の効率化を図る

 

補助対象となる経費

① 機械装置費・・・事業の遂行に必要な機械装置等の購入に要する経費

② 広告費・・・ウェブサイトの作成や更新、パンフレット・ポスター・チラシ等を作成するために支払われる費用

③ 展示会等出展費・・・新商品等を展示会等に出展するために要する経費

④ 開発費・・・新商品の試作品や包装パッケージの施策開発にともなう経費

 

公募開始時期や申請期限について

公募開始時期は3月末から4月上旬頃の見込みとなります。また、申請期限は公募開始から1ヶ月半ほどが目安になるかと思います。

 

お問い合わせ

詳細な情報や相談会も状況に応じて実施する予定です。
ぜひこの機会にLINE@のともだち登録をしてくださいね。

友だち追加

SNSでフォローする