サロン・整体・エステ・接骨院の開業を目指す人のためのメディアサイト「EGG(エッグ)」

DDmore Salon Diet&Beauty SEGU-ON、大藪節子さん|「自分で作った化粧品なら、自信を持って売れる」売上アップにもつながるサロン物販との向き合い方

1人でサロンを運営している方にとって、施術による売上だけではやがて限界が来ることもあります。そこで新たな経路として考えられるものの1つが「物販」ではないでしょうか。

 

しかし、その物販もお客様のお肌にとって本当に良いと言える商品に出会えず、物販を上手く伸ばせないというサロン様も多いのではないでしょうか。今回お話を伺った大藪節子さんも、そうした思いを持つ一人でした。そこで選択したのが、これまでの多くのお客様の声を生かした、本当に良いと思える商品を自分で作って売るという選択です。

 

「自分で作ったものならば説得力があり、自信を持って売れるのではないかと考えました」

 

化粧品通販の経験とエステサロンの経験、それらを上手く活用することで相乗効果を生み出したお話を大藪節子さんから伺いました。

「悩み」に特化したサロンだからこそ、悩んでいる人に選んでもらえる

──本日はよろしくお願いいたします。まず、お店のコンセプトについて教えていただけますでしょうか?

よろしくお願いいたします。しわ、たるみに特化したエステサロンを運営しております。

お客様は、40代以上の女性がメインです。育児やご両親の介護を終え、ようやく自分の時間ができた方や、忙しく働いている方などが半分ずつほどの割合でいらっしゃっています。

 

──エステサロンは今やたくさん存在しますが、その中で選ばれるポイントはどのような部分にあるのでしょうか?

しわ、たるみという「悩み」に特化していることは一つの理由だと考えています。「しわ、たるみ」というワードで検索して来られる方など、特定の強い悩みを持った方が来店いただけているのだと思います。

 

──定期的に施術を受けて、キープしていくということでしょうか。

もちろん定期的に受けていただきたいのですが、「来るだけで終わらせないで」ということは伝えています。お客様のお悩みに関しては、その方に合わせたご自宅でのケアもお教えし、セルフケアも覚えたうえで帰っていただけるように心がけています。

お客様は強い悩みを持ちご来店されます。ですので、「ここなら悩みを解決できるかもしれない!」という期待を持って帰っていただくことは大事にしています。

 

美容業界でよく見かける形として、「10年後こうなってしまいますよ」という恐怖心を煽る形があります。弊店ではその逆で、10年後の自分のお肌が楽しみとポジティブになったうえで期待値をしっかり上げることが重要だと思っています。

また、美容液の通販会社から派生したエステサロンになっており、私自身が関わり作った化粧品をサロンにて販売しています私一人でやっているサロンですので、こうした物販の重要性は高いです。売り上げ的な面でもそうですし、サロンでしか買えないとなると、リピーターにもなっていただけます。

 

「自分で作ったものなら、自信を持って売れる」作った化粧品を物販で売るという方法

──最初にこのお店を出すに至った経緯を教えていただけますでしょうか。

この店舗以前も、エステサロンを持っていました。それと並行して、化粧品の通販会社で美容の記事を書くようなお仕事もいただいていたのですが、そこで通販会社の事情を体験し、自分でも美容液が作れるということを知りました。そこで法人化して通販会社をスタートしたのが始まりです。

その時すでにお客様としてお付き合いのあった方が何名かいらっしゃったので、そこでエステも始めたのが今のサロンです。

 

──そもそもエステを持っていらっしゃったのですね。

はい。そもそもずっとOLをやっていたのですが、出産を経験し、また仕事に戻るとなると大変ということで、時間調整を自由にできる仕事を考えるようになりました。そこでエステスクールに通うことにし卒業したのですが、すぐ実践しないと忘れてしまうと思い、自宅で開業することにしました。

 

──その時はどのような状況だったのでしょうか。

自宅でしたので、基本的に来店するのは友人でした。その他には、当時紙のホットペッパーだったので、そこへ載せて新規の方が少しいらっしゃるという状況でした。

その後はご縁で、スポーツクラブの中が一部屋空いているということでお誘いいただき、自宅からそちらへ移りました。

 

──そのあたりから、通販会社との接点ができたのですね。

はい。どうしても一人でやっていると、売り上げの限界が決まってしまいますので、物販が大事だと当時から考えていました。ですがエステの物販にはどうしても苦手意識があり、「自分で作ったものならば説得力があり、自信を持って売れるのではないか」ということで作り始めました

──自分で作るとなると、お金や時間、知識など大変なイメージがあります。

自分で作ると言っても、こういうものを使いたくて、こういうテクスチャで、こういう変化が結果としてほしいという希望を、ブレンダーさんと打ち合わせして決めていきます。

たまたま、医療関係者から聞いた成分に惚れて、その成分を美容液に使ったら絶対に良いという思いから、その成分の取り扱いをしているOEM会社さんを探し、お取引をお願いしたのが始まりです。

 

オリジナルとなるとある程度ロットで生産しますので、ボトル選びからしたうえで在庫を抱えることになります。当時はそうしたリスクはあまり考えずに決断していました。

 

「やる前に考える人もいれば、やってから考える人もいる」自分の性格も考えることが大事

──リスクを承知で化粧品の生産に踏み込めた理由はあったのでしょうか。

理由というよりは、勢いが大きかったと思います。これまでのお客様のお顔を思い浮かべて、あらゆる角度から肌の悩みに合った化粧品をブレンダーさんと相談しながら作る過程はワクワクして、リスクの不安を超えていました。 絶対に喜んでもらえるという思いしかなかったよう思います。

 

──行動の原動力は、どのような部分にあるのでしょうか?

性格にもよるのではないでしょうか。色々と計画して準備したうえで始めようという方もいれば、始めた後から色々と試行錯誤してやっていく方もいます。私は後者ですので、とにかくやってみることを大事にしていました。お客様からの「大藪さんの作っている化粧品、楽しみにしているよ」という声も大きな原動力でした。

 

──色々と行動に移す中で、苦労したことなどはありましたでしょうか。

最初に化粧品を作る際は、飛び込みで色々な方の元へ行っていたのですが馬鹿にされてしまうことが多かったのは苦労した部分でした。最初のうちは、取引のない小さな会社は相手にされないことがありました。1,000本のロットを希望しても、「うちは1万本からです」と断られたり、遠まわしに「やめたほうが良いのでは?」という感じで話を進めていただけない場合も多く、歯がゆい思いをしました。

 

なんとか、知り合いからの紹介でひとつお取引が決まると、その後はトントンと進んでいくことができました。周りへ色々と悩みを打ち明けているうちに、紹介してくださる方が出てきましたので、諦めずに動き続け、発信し続けることは大事だと思います。

 

「大手サロンに勤めていなくても、開業はできる」自分の経験を多くの人に伝えたい

──今後の目標について教えていただけますでしょうか。

私は、大手サロンに勤めることなく、主婦からスクールに行き今までやってきました。サロン勤めはしたことがないからとサロン開業を諦めてしまう方がいますが、その必要はないのです。これまでの私の経験を同じような境遇にいて悩んでいる方に提供していきたいと考えています。そのため今はスクールも始めており、多くの方に自分のサロンを開業していただけるようにこれからさらに力を入れていきます。

 

──提供するのは、大藪さんのような「これから学びたい」と思っている方になるのでしょうか。

はい。主婦の方など、一段落して新しく始めたいという方を想定しています。

技術だけでなく、集客面などのサポートもしていきたいと考えています。

 

「本当はやりたいけど、私には無理」と諦めている方の背中を押せたらと思っています。私にできるかしらと言っていた生徒さんも当スクールを卒業後すぐに銀座でサロンを開業し、今では本業を辞めてサロン1本で生活している卒業生もいます。

 

──本日はありがとうございました。最後に、今後開業を考えている方にメッセージをいただけますでしょうか。

言いたいことはシンプルで「思っていることをぜひやってみてください」ということです。

とにかく行動をする。何を言われても、まずやってみる。そのうえで、後から必要になったら必要なものを揃えていけばいいと思っています。準備をしすぎて、使えていないツールを持っている方もたくさんいらっしゃります。セミナーを聞きに行って満足してしまうということもよくありますので、行動の重要性は知っていただきたいです。

上手くいっている経験者に聞くということも重要です。成功体験や失敗経験など情報はいくらでも得ることができますから。私は経験者に学ぶことがなく、個人で試行錯誤してきてしまったので、安定するまでに十年近くかかってしまいました。だからこそ今、これまでの経験を教えることに取り組んでいます。上手くいっている経験者の声を聞きながら効率よく進んでいただけたら理想ではないでしょうか。

 

※撮影協力:松下 晃太
※記事協力:山口 遼大

プロフィール

大藪 節子

 

・DDmore Salon Diet&Beauty SEGU-ON
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000353954/

〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-8-7 会津天宝ビル301

 

・一般社団法人Rise
https://risekaigyou.com/

自宅開業、小規模サロン特化 開業支援のスクール

 

SNSでフォローする