サロン・整体・エステ・接骨院の開業を目指す人のためのメディアサイト「EGG(エッグ)」

HARI MERRY(ハリメリー)、川畑充弘さん|「いくら人を集めても、ホームページの質が悪ければ意味がない」しかるべきところへの投資を惜しまないことが成果につながる

集客において「何に力をいれたらいいかわからない……」「とりあえず自分でいろいろ試してみよう」と試行錯誤している方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、集客においても様々な方法があり、それぞれを極めるのは容易ではありません。いったい何に注力し、どのように時間を使っていけばいいのでしょうか。

 

今回取材したのは、美容鍼×ボディメイクで女性に特化した人気サロン「HARI MERRY(ハリメリー)」を運営する、オーナーの川畑充弘さんと、店長の岡本学さんです。

 

「インスタグラムでの集客を逆算して、お店の内装を作っていきました」

「いくら人を集めても、受け皿となるホームページの質が悪ければ意味がありません」

 

注力するところをしっかりと見定め、そこには思考と投資を惜しまない。サロンオーナーが店舗運営で大事にするべき、姿勢や考え方を伺いました。

 

「美容鍼×ボディメイク」で、女性に特化したサロン

──本日はよろしくお願いいたします。まずは店長の岡本さん、お店のコンセプトについてお聞かせいただけますでしょうか。

岡本:よろしくお願いいたします。当店では、女性向けに特化した美容鍼を扱っています。また、顔への美容鍼以外にも、全身のボディメイクもメニューとして取り入れており、プロポーションを良くする効果があります。女性のお客様に特化したサロンとなっておりまして、内装もかわいいデザインになっています。女性が喜んでくれる空間づくりから、満足のいく施術までを行っています。

 

──他の店舗と比較した時に、差別化されているポイントはございますか?

岡本:美容鍼とボディメイクを組み合わせているサロンは少ないため、差別化のポイントと言えるのではないでしょうか。どちらも組み合わせて受けることができます。

 

──通うお客様の層は、女性だけということでしょうか?

岡本:女性専用というわけではありませんが、9割9分女性の方にご来店いただいております。30代の方が特に多いですが、20代から50代まで幅広いお客様にご支持いただいています。初めて美容鍼を受ける方も多くいらっしゃりますので、受けたときの感動や、しっかり効果が出ることから、とても喜ばれており、リピートへとつながっています。

 

サラリーマン時代の「いつか事業をやってみたい」を実現

──次にオーナーの川畑さんにお伺いさせていただきます。このお店の他にも、美容鍼のお店を経営されていますが、最初に開業を決めたのはどのようなきっかけだったのでしょうか。

川畑:私はもともとサラリーマンでしたが、23〜4歳のときから将来何か事業をやりたいと、心の中で思っていました。しかしアイデアがなかったため、「いつかやりたいな」というほどの感覚でした。

そんなとき、現在一緒に経営をしている者と出会いました。当時はまだ流行る前であった美容鍼の事業を始めるということを聞き、とても時代に合った美容法だと感じましたビジネスアイデアとしても壮大だなと思ったため、その方が鍼灸師で、私が経営サイドという形で、ともにやっていくことを決意しました。

 

──開業されたのは、どれくらい前になるのでしょうか。

川畑:1社目を立ち上げたのは、2009年でした。ちょうど10年ほど前になります。この「HARI MERRY」はブランドを立ち上げて2周年です。

 

「インスタグラムでの集客を見越して、お店の内装をつくった」集客に対する新しい挑戦

──この「HARI MERRY」は、女性のモデルさん、芸能の方などが通っている人気のお店ということで、そこに至るまでどのように仕組み化していったのでしょうか。

川畑:ありがとうございます。一番大きかったのは、インスタグラムを集客の柱にすることに挑戦した、という点でしょうか。そのため、インスタグラムで集客をすることから逆算して、現在の内装を作っていきました

 

店内に複数の撮影ポイントも作っています。これによって、インスタグラマーの方を誘致しやすいですし、一般のお客様も写真を撮って載せていただけます。

こうした施策を土台に、インスタグラマーの方の招待や、インスタグラムの広告などを打っていきました。その結果もあってか、アイドルグループの方や、インスタグラマーの方が来ていただけるようになりました。すると、そうした方々の投稿を見た一般の方などから予約が入るという連鎖が発生しています。非常にコストパフォーマンスに優れた集客施策だと感じています。

 

とはいえ、それだけでは十分ではありませんので、SEO対策やリスティング広告などもしっかりと行っています。例えば「HARI MERRY」は四谷三丁目の店舗ですが、リスティング広告の対象は新宿まで広げています。丸の内線沿線ということで、近い位置にあるためです。

 

「いくら集客しても、ホームページの質が悪いと意味がない」品質にもこだわることが重要

──集客は、ご自身で試行錯誤されたのでしょうか。

川畑:この店舗に関しては、他の店舗での経験の蓄積がありますので、集客施策は自社で行っています。リスティング広告やインスタグラム広告,Facebookの広告、SEO対策などは自社で行うことができています。

 

そして個人的に、ホームページは非常に重要だと考えています。いくら広告などでお客様を集客したとしても、そのあとの受け皿であるホームページがしっかりしていないと、お客様は離脱してしまわれます

そのため、プロのカメラマンの方にしっかり入っていただいたうえで、施術のビフォーアフター、店内の内装などを高いクオリティで撮影していただいております。そのうえで、広告などで流入経路を増やしているというイメージでしょうか。

 

──お店のホームページを拝見させていただきましたが、確かにページの作り方、写真ともにこだわられているのを感じました。

川畑:ありがとうございます。今までの経験を踏まえ、やはりそうしたホームページの作りと写真は非常に重要だと感じています。SEOとなると話は別ですが、一般のお客様にとってのホームページの質という意味だと、写真や動画といった視覚的なイメージが非常に印象を左右するポイントだと思っています。

 

──とても考えられていらっしゃるのですね。「インスタグラムからの集客を逆算して内装を決めた」という話も非常に興味深かったです。

川畑:これからサロンを開業する方は、そうしたデザイン性や話題性も考えたうえで、お店のデザインを決めていただけると良いのではないでしょうか。これは集客だけでなく、お客様の体験という意味でも重要です。

岡本:それは現場にいる私からしても感じます。来店されたお客様が驚いたり、ワクワクしたりと、空間を通じてもお客様の満足につながっていると思います。

 

「なんでも自分でやろうとしない」信頼できるプロをしっかり見つけることが大事

──「HARI MERRY」ブランドのお店は、今後店舗展開されていくのでしょうか?

川畑:まずはこの店舗がしっかりと成長し、そのうえで次にいいタイミングがあれば展開を考えていきたいです。店舗拡大が第一の目的ではないので、大きなリスクは取らず、比較的健全に、安全にいく予定です。

 

──堅実に、ということですね。本日はありがとうございました。これから開業されるオーナーの方や、開業したばかりで集客に苦しんでいる方へ、何かメッセージをいただけますでしょうか。

川畑:信頼できるプロフェッショナルの方をしっかりと見つけることは大事ではないでしょうか。例えば、ホームページを作る、写真を撮る、広告を出すなどの専門家です。もちろん自分でやることもできますが、それにはかなりの努力が必要になります。自ら現場を見ながらですと、難しいことも多いでしょう。

 

現在は、小さな店舗の味方をしてくださるプロフェッショナルの企業様がたくさんいらっしゃいます。そういう方とたくさん会うことは大事だと思います。その中で、たまに失敗することもあるのですが、そこも自分の糧としながら、良い業者様を見つけ、付き合っていけると良いでしょう。

そのうち自分でできる範囲も増えてくるとは思うのですが、全部自分でやってしまうと、自分の能力でできる範囲までしか広がりませんし、時間も取られてしまいます。

 

──無理してなんでも自分でやろうとしない、ということですね。

川畑:はい。然るべきところには投資することが大事です。そこを渋ったら上手くいかないでしょうお金に余裕がない方も多いと思いますが、ないのであれば、事業計画書をしっかりと書いて、ちゃんとした場所からお金を借りたほうがいいと考えています。

 

ギリギリの状態でやるのは生きた心地がしませんので、お金を借り、余裕を持って、信頼できるプロを探して協力していただくのが成功への道ではないでしょうか。

 

※撮影協力:ENA

プロフィール

川畑 充弘

岡本 学

 

・美容鍼&ボディメイクサロンHARI MERRY(ハリメリー)

〒160-0017
東京都新宿区左門町5   新宿医療専門学校 B1階

https://harimerry.jp/

 

SNSでフォローする