サロン・整体・エステ・接骨院の開業を目指す人のためのメディアサイト「EGG(エッグ)」

嶋田 紗織さん|「自分の好きな、人とのコミュニケーションに全力で」独立したからといって、全部自分でやらなくていい

「独立に憧れはあるけど、自分で経営をできる気がしない……」

 

自分らしい施術、空間を作ることができる独立という選択肢に魅力を感じつつも、自分には無理だと考えていませんか?果たして経営の経験がなく、苦手意識がある方は本当に独立できないのでしょうか。

 

「この仕事を選んでいる時点で、人に何かをしてあげたいという思いを持っているはずです。それがあれば大丈夫。」

白金でエステサロンを経営している嶋田 紗織さんは、こう話してくださりました。

 

「数字は苦手なので、得意な人に任せています。ストレスを抱えていたら、パフォーマンスを発揮できませんから」

 

人との関わりを楽しみながら、紹介制でサロンを運営することに成功している嶋田さんに、経営が苦手でもサロン運営を行っていくコツについてお話を伺いました。

 

「6時間サロンにいらっしゃる方も」お客様とお友達のような関係性を築くサロン

ーー本日はよろしくお願いいたします。まずは、お店のコンセプトについてお聞かせください。

コンセプトとしては、「お客様とお友達のような関係性を築くサロン」です。一人あたりの滞在時間も非常に長く、最長だと6時間ほどいらっしゃる方もおられますランチも一緒に食べるなど、本当にお友達のような関係です。

なので、1日の施術数は多くても3人ほどです。

 

ーーお客様はこのサロン付近の方が多いのでしょうか?

最近こちらに引っ越してきたばかりですので、付近にはあまりおりません。この場所に移転する前のお客様などが来てくださっています。

以前は千葉と芝浦の2店舗を、完全予約制という形を取り一人で運営していたのですが、移動が大変だったこともあり、1つにまとめてここに引っ越すことにしました。

 

「初めての方は、近くの駅まで迎えにいきます」リピート前提の丁寧なコミュニケーションが関係性を続ける秘訣

ーー今来店しているお客様は前のお店のときに来ていた方がほとんどなのでしょうか。

4割が前のお店の方です。車や電車で来てくださっており、ありがたい限りです。

 

残りの6割はお客様のご紹介で来られた新規の方です。ホームページもあるのですが、どういうメニューがありますか?と聞かれた際にお見せする程度で、完全口コミという形でやらせていただいています。住所も非公開という形で経営しています。

 

また、来られるお客様のほとんどがリピートしてくださいます。

接客もリピートされる前提です。初めてご来店される方に関しては、近くの駅やバス停まで迎えに行くようにしています。「次から来るときはこう来てくださいね」という形でご案内しています。女性の場合は道が苦手な方が多いので、初回のみそうしたご案内をしています。

 

ーー非常に距離感が近く、丁寧な接客を心がけておられるんですね。ご紹介はどのような形で受けるのでしょうか。

LINEでお客様につないでいただいた後、ホームページを送って、「どのようになさいますか?」という希望をお聞きしています。その後は、アレルギーがないか、どのような経路でご来店されるかなど聞いたうえで「ここから乗り換えをするとスムーズですよ」といったやり取りをしています。そうしたやり取りをしている間に仲良くなっていることが多いです。

 

ーーそうしたコミュニケーションがリピートを生むうえで大きい部分なのではないかと感じました。

そうかもしれません。しかし、このやり方が向いている方と向いていない方は当然いると思います。私の場合はこうしたコミュニケーションが好きなので、続けられています。

 

ーー良好な関係性を築く上で、気をつけていることは何でしょうか?

「自分が楽しむ」ことが何よりだと思っています。変に集客につなげようとしている人は周りから見てもわかってしまうものです。純粋に楽しんでいるうちに仲が深まり、そこで当店にご来店いただければ嬉しい、といった考え方で活動しています。

 

「もっとお客様のためにできることがあるのに」店舗での不自由さから独立を選択

ーー独立を選択された理由についてお聞きしてもよろしいでしょうか。

自分の空間がほしかったためです。店舗に勤めていますと、「こういうものがあったら便利だな」と思っても、経費がかかるなどで制限されてしまうことがありました。そうした部分を少し窮屈に感じており、その都度柔軟に変えつつ、自分で作り上げたいと思い、独立することにしました。

店舗ではみんなで働く楽しさはありました。ですが、「こうしたらお客様にもっと喜んでもらえるのでは」というアイデアが実現できないことに対して、もっと進化できるはずという思いは抱えていました。

 

「やりたくないことにストレスを抱えたら、施術でパフォーマンスが発揮できない」苦手な部分は、得意な人に任せる

ーー実際に独立を選択すると、経営が大変で、という方はいらっしゃいますが、その点での苦労はありませんでしたか?

自分は数字が苦手なので、そうした経営面や数字については得意な人にやって頂いていました。やりたくないことにストレスを抱えている状態では、施術のパフォーマンスが発揮できないと考えています。

 

ーー余計なことを省き、専念するためにどうするかを考えていらっしゃるのですね。

はい。どうしたら楽しく仕事ができるかを考えています私にとっては施術が楽しいため、そこを大事にしています。私の中の優先順位としては、「楽しいかどうか」が一番先になりますので、その観点をずっと大事にしています。この優先順位は人によって異なると思います。

 

ーー独立してみて、やってよかったと感じることはありますか?

やはり任せることは大事だと考えています。例えば、内装がもし苦手なのでしたら、お金を払ってでも得意な人に任せるべきです。

 

ーー全部自分でやろうという方もいらっしゃいますが、そこは得意な人に任せるべきだと考えているのですね。

内装も、苦手なのに自分でやって「ダサい」と思われてしまうのであれば、非常にもったいないと思います。そうした素人感が出てしまうのであれば、お金をかけてでも頼むべきではないでしょうか。

 

先程も申し上げたとおり、「楽しく仕事ができる」ことが私にとっては大事なポイントですので、内装や空間作りについては特にそう思います。

 

「何事も全力で、出し惜しみしない」エステの外での活動も結果的に集客へつながっている

ーー現在、挑戦されていることはありますか?

商品開発には興味があります。今ちょうど、知り合いと一緒に商品の制作を進めています。知り合った方たちとコンセプトから決めて、商品を作っています。

 

アクセサリーを作る方がいて、私はボディオイルを作り、シールのデザインを考えてくれる方がいて、というように、協力して作っており、とても楽しくやらせていただいています。

 

あとは、子育てなどでエステに来られない方に向けて、お家でのセルフケアの方法などをビデオ会議でお話しする活動もしています。

そこで興味を持ってくださった方にご来店していただいたこともありました。1,000円で実施したのですが、お値段以上だったとは思っています。

 

何事も全力で、出し惜しみしないことが結果的にお客様のご来店につながるのだと実感しています。そうした形で、エステ以外の場所でも人と関わる活動は多く行っています。人が好きなので行っているのですが、結果的に集客につながっています。

 

人が大好きで、人に対して何かをしてあげたい思いがあれば、それで大丈夫

ーー本日はありがとうございました。最後に、これから開業・独立されるサロンオーナーに向けてメッセージをいただけますでしょうか。

自分らしく、楽しく活動することが何よりも大切だと考えています。

それは決して自己中心的という意味ではなく、相手を思いやることは大前提です。しかし、自分が何より楽しむことは忘れないでいただきたいです。

 

独立するうえで不安、自信のなさ、焦りなどで踏み出せないことはもったいないです。

こうした仕事を選んでいる時点で、人が大好きで、人に対して何かをしてあげたいという思いはあるはずですので、それで大丈夫だと思います。そうした思いをもとに、いかにお客さんを大事にできるかだと思います。これは、人が好きな方だからこそ全力で取り組める部分ではないでしょうか。

 

※撮影協力:工藤 としひさ
※記事協力:山口 遼大

プロフィール

嶋田 紗織

 

住所:東京都港区白金

※最寄り駅:白金高輪駅

※住所非公開のため、ご予約の際にお伝えいたします。

 

SNSでフォローする