サロン・整体・エステ・接骨院の開業を目指す人のためのメディアサイト「EGG(エッグ)」

MOTHER FOREST・大竹弓子さん|集客はほぼ口コミのみ!リピート率8割超えの愛されるサロンになるまで

「集客」というと、最近ではホットペッパービューティー、FacebookやInstagram等のSNS、ホームページといったようにWeb集客をイメージする方が多いかもしれません。なぜなら、Web集客であれば、遠方にいる方に対してもリーチできるため、より多くの見込み客へアプローチできるからです。

一方で、Web集客だけでは見込み客との関係性が希薄になってしまい、リピーターに繋がらないケースも多いのは事実です。そんな中で、口コミをメインに集客をされているというMOTHER FORESTの大竹さん。

 

お客様のリピート率がなんと8割を超え、ご紹介が絶えないサロンを経営されています。

前職では、店長として担当していた店舗が、国数百店舗のうち最優秀店舗として表彰され、個人としてはリピート率で表彰されたという輝かしい成績を持つ大竹さんに、お客様にここまで愛されるサロンになった経緯を詳しくお伺いしました。

 

痛みの原因を探るため、施術時間以外の時間をたっぷり設ける

ーーお店のコンセプトを教えていただけますか?

都会の癒しの森です。

 

私は風の谷のナウシカが好きで、ナウシカに出てくる地下の部屋では、毒のある花や植物でも、きれいなお水と砂であれば毒を出さないというシーンがあります。

そのシーンがとても好きで、都会で疲れた方を浄化できるようなお店にしたいと思い、森やジャングルのようなイメージのお店を作りました。

 

ーー他の店と差別化されているポイントを教えていただけますか。

ただ施術をするだけではなく、お客様のお体の状態に対して、どうしてそういう辛さが出てしまったのかということを徹底的に追求することです。

お客様の生い立ちや子供の頃のお怪我の話しなど、細かく聞いて、その方に合わせたパーソナルな施術を心がけています。

 

施術の時間よりも、それ以外のカウンセリングに時間を費やすというところにこだわりを持っています。

 

ーー施術前のカウンセリングでは具体的にどういうことをお聞きするのでしょうか?

辛さの症状、仕事や生活の環境など、お客様の生活の細かいこと全てです。人の体は全てつながっており、痛いところだけが悪いのではなく、体の中で痛い原因となるバランスの悪いところがある、というのが東洋医学の考え方です。

ですので、その痛い原因を探ることにこだわってカウンセリングをしています。

もともと私はサロン業界とは全く関係のない販売職や営業を長年していたので、お客様一人ひとりのご要望を聞き出すコミュニケーション力を活かしています。

 

前職の営業で培ったコミュニケーション能力と話の引き出しの多さが武器

ーーどういう経緯でこのサロン業界のお仕事を始めたのでしょうか?

学校を卒業して最初の仕事は、自動車のメーカーの営業職としてスーツで一般のお宅を一軒一軒まわる、いわゆる飛び込みの訪問をしていました。

その後、大手アパレルメーカーで販売職を経験しましたが、会社が縮小することになり解雇されてしまい、来月から仕事がないという状態になった時、たまたまネットで見つけたのが、前職のサロンの仕事でした。

実は、元々サロンオーナーを目指していたわけでも専門学校へ通っていたわけでもありません。

入社して1週間後に「施術の練習をします」と言われて、その時初めて自分の仕事は施術なのだと認識したくらいです。

 

ーー前職のサロンでどのくらい経験を積まれたのでしょうか?

4年です。

スタッフと店長職の両方を経験しました。

前職では全国で270店舗ほどの中から優秀店として表彰された他、リピート率、紹介率に関しては個人とお店で表彰されました。

 

ついてきてくれるお客様がいたから「大丈夫、独立できる」と思いました

ーーなぜ独立されたのでしょうか?

元々はずっとサラリーマンでいようと思っていたのですが、30代後半になったときに、何か新しいことをするなら40歳になる前にと思い「独立」という言葉が思い浮かびました。

 

当時、たまたま私が担当していたお客様の中に起業されている女性がいて、「独立しないの?」と聞かれた際、「いずれ独立したいです」と言ったのがきっかけで、そこから話がどんどん進んでいきました。

 

ーー実際に独立するまでにどういったことを行ってきたのでしょうか。

お客様の中でコンサルティングのお仕事をされている方がいて、お店の営業時間外で時間をとっていただき、まず何から始めればよいかを教えていただきました。大体1年かけて準備をしました。

 

またこれもご縁ですが、ネイルサロンを経営されている方から「空いている時間に店舗を使ってみませんか」というご提案をいただいたので、お休みの日にネイルサロンのスペースをお借りして、1年間施術を続けてみました。

そこで、独立するとはどういうことなのかシミュレーションをすることができました。

 

開業した後に必要なものや場所など、実際にやってみないとイメージが湧かないので、1年かけて構想を練りました。

 

「無理かもしれない」という気持ちと「やってみたい」という気持ちが交互に訪れましたが、最終的には「もういける」と思いました。

 

ーー最終的に「いける」と思ったのはなぜですか?

お客様がついてきてくれるという確信が増してきたからです。

私についてきてくださるお客様がいらっしゃったので「これなら大丈夫、独立できる」と思いました。

 

こちらから「次回の予約はいつにしますか?」という聞き方はしていない

ーー現在はどのように集客されていますか?

集客は、口コミがベースです。

店舗の看板を出さずに、ホームページも開業して1年後に作ったくらいです。お客様からのご紹介がほとんどですね。

お客様のご家族や会社の同僚の体を見て欲しい、とよく言われます。今はビジネス交流会を利用して営業やPR活動も行っています。

 

ーーお客様からはどういった点が喜ばれて口コミが生まれているのでしょうか?

定期的に来ていただけることで体が楽になったというお声が多いです。 

 

例えば、病院に行っても痛みが緩和しなかったような方から「痛みが軽減した」「見違えるくらい体が変わった」と言っていただけます。

ーー月間でどれぐらいのお客様がいらっしゃいますか?

月間で8090人くらいで、リピートされるお客様が大半です。

2週間に1回から1ヶ月に1回が1番多いですが、1週間に1回の方もいらっしゃいます。

 

ーーではリピート率はどのくらいでしょうか?

8割から9割です。

 

ーーそれはすごいですね。8割から9割の方がリピーターになる秘訣はなんでしょうか?

そのお客様にあった施術のプランを伝えていることです。

そうするとお客様が自ら「次はいつ来たらいいですか」と言ってくださるようになります。

 

こちらから「次回の予約はいつにしますか?」という聞き方はしておりません。

私からは体が変わる周期の話をして、大体の方はこれぐらいで体が温まってくるので、そのペースでメンテナンスすることで、安定した体を維持することができます、というお伝えするくらいです。

 

他人の成功談、失敗談は自分の糧に!

ーー今後の目標やビジョンを教えてください。

整体は資格が必要ないので、どなたでもできるお仕事です。私は独立したい・起業したいと思っている女性の方を応援したいと考えています。

 

それは技術を教えるだけではなく、コンサルティングをするわけでもありません。

自分がやってきたことを通して、どうすれば失敗しないか、どうすればお客様に来ていただけるのか、ということを全て教えることで、独立したい方を応援したいと思ってます。

 

私自身、今まで本当に多くのお客様に助けられました。

 

この仕事を初めてまもなく、技術もおそらく下手だったであろう時のお客様が今でも来ていただけているのは、私という人間を気にいってくださっているというのが一番の理由だと思っています。

技術はあって当たり前なので、それ以外のもの、例えば人間力だったり、コミュニケーション能力で仕事はできると思います。それさえ磨けば、誰でも失敗せずに成功できるチャンスはあると思っているので、そういったことを伝えていきたいです。

 

ーーこれから開業される方に向けてメッセージをお願いします。

まずは、やるべきことをやることです。

 

そして、アンテナを張って、今自分に必要なものを見極め、たくさんの人と関わっていただきたいです。成功されている方や失敗を経験されている方など、いろいろな方のお話を聞くことで自分の糧にできます。

 

私はいろいろな方のお話を聞けたので、これまで大きな失敗はないのかなと思います。独立したいと思う方は自分の殻にこもりがちですが、もっといろいろな業種の方とお話をした方がいいと思います。

私の場合、最近ですとビジネス交流会等を利用させていただいて、いろいろな業界の方とお話しさせていただく機会を自分で作るようにしています。

 

※撮影協力:松下 晃太

※取材協力:宇野 貴子

 

プロフィール

大竹 弓子

・整体師

・スポーツトレーナー

・スレッディングセラピスト(糸除毛)

 

・MOTHER FOREST〜身体の癒しの小さな森〜( http://motherforest.net/

〒166-0002  杉並区高円寺北2-17-4 ニューリバービルディング 301

 

SNSでフォローする